水周り掃除のポイント

エコなお掃除で使う素材では、クエン酸と並んで重曹が代表的です。重曹は、キッチン周辺の汚れに対して効果を発揮します。例えば、ガスコンロ周辺の油汚れ、換気扇のベタベタした黒い汚れなどです。クエン酸の固い汚れに対し、重曹の柔らかい汚れと覚えておくと良いでしょう。

重曹はアルカリ性ですので、酸性汚れを中和して落とすことができます。酸性の汚れには、上記の油による汚れ以外にも、水垢や排水口の汚れなどがあります。重曹は、クエン酸同様に薬局やドラッグストアなどで手に入ります。やはり、水に溶かして重曹水を作り、スプレー容器に入れて使うと便利です。重曹大さじ1杯に対して、ぬるま湯250mlの割合が基本になります。気になる汚れにシュッシュッと吹きかけるだけで、汚れがするりと落ちてピカピカになります。

重曹とクエン酸、この両方を組み合わせることでさらに効果的に水周りの汚れを落とすことが可能になります。排水口はヌメリが気になる場所ですが、まず重曹の粉末をふりかけ、その上からクエン酸水をかけると、化学反応を起こしてブクブクと泡立ち始めます。しばらくそのままにしてから洗い流すと汚れが落ちています。泡の力で汚れを分解してしまうのです。さらにササッと拭き取ればピカピカになります。重曹とクエン酸、この2つで水周りのお掃除が確実に楽になるのでお薦めです。