クエン酸で水周り掃除

クエン酸は、エコなお掃除の素材の中でも水周りで活躍すると覚えておいてください。クエン酸がなければ、お酢で代用することもできます。ただ、酢特有のニオイが気になるという人もいるかもしれません。その場合、アロマテラピーなどで使用されるエッセンシャルオイル(精油)を数滴加えて好みの香りをつけるのが良いでしょう。ラベンダーやティートゥリーなどがお薦めです。

クエン酸は酸性です。つまり、汚れの中でもアルカリ性のものを中和し、落としてくれるということです。住居におけるアルカリ性の汚れには、水垢(シンク、バスルームの鏡や蛇口)、お風呂場の壁などの白く固まっている汚れや便器の黄ばみ、尿石などがあります。さらに、トイレの気になるアンモニア臭もアルカリ性なので、クエン酸により中和することが可能です。

クエン酸は、スプレーを自作して常備しておくと、お掃除の際に手軽に利用できて便利です。これは、水250mlに対して小さじ2杯のクエン酸を溶かしこむだけで完成します。スプレー容器に移して使用します。
白い汚れが固いほど、濃度の高いクエン酸水のスプレーを使ってください。

さらにクエン酸スプレーは、除菌効果もあるのでキッチンの三角コーナーやまな板、テーブルや床、ゴミ箱などに吹きかけて清潔なキッチンをキープしましょう。