水周り掃除のポイント

エコなお掃除で使う素材では、クエン酸と並んで重曹が代表的です。重曹は、キッチン周辺の汚れに対して効果を発揮します。例えば、ガスコンロ周辺の油汚れ、換気扇のベタベタした黒い汚れなどです。クエン酸の固い汚れに対し、重曹の柔らかい汚れと覚えておくと良いでしょう。

重曹はアルカリ性ですので、酸性汚れを中和して落とすことができます。酸性の汚れには、上記の油による汚れ以外にも、水垢や排水口の汚れなどがあります。重曹は、クエン酸同様に薬局やドラッグストアなどで手に入ります。やはり、水に溶かして重曹水を作り、スプレー容器に入れて使うと便利です。重曹大さじ1杯に対して、ぬるま湯250mlの割合が基本になります。気になる汚れにシュッシュッと吹きかけるだけで、汚れがするりと落ちてピカピカになります。

重曹とクエン酸、この両方を組み合わせることでさらに効果的に水周りの汚れを落とすことが可能になります。排水口はヌメリが気になる場所ですが、まず重曹の粉末をふりかけ、その上からクエン酸水をかけると、化学反応を起こしてブクブクと泡立ち始めます。しばらくそのままにしてから洗い流すと汚れが落ちています。泡の力で汚れを分解してしまうのです。さらにササッと拭き取ればピカピカになります。重曹とクエン酸、この2つで水周りのお掃除が確実に楽になるのでお薦めです。

クエン酸で水周り掃除

クエン酸は、エコなお掃除の素材の中でも水周りで活躍すると覚えておいてください。クエン酸がなければ、お酢で代用することもできます。ただ、酢特有のニオイが気になるという人もいるかもしれません。その場合、アロマテラピーなどで使用されるエッセンシャルオイル(精油)を数滴加えて好みの香りをつけるのが良いでしょう。ラベンダーやティートゥリーなどがお薦めです。

クエン酸は酸性です。つまり、汚れの中でもアルカリ性のものを中和し、落としてくれるということです。住居におけるアルカリ性の汚れには、水垢(シンク、バスルームの鏡や蛇口)、お風呂場の壁などの白く固まっている汚れや便器の黄ばみ、尿石などがあります。さらに、トイレの気になるアンモニア臭もアルカリ性なので、クエン酸により中和することが可能です。

クエン酸は、スプレーを自作して常備しておくと、お掃除の際に手軽に利用できて便利です。これは、水250mlに対して小さじ2杯のクエン酸を溶かしこむだけで完成します。スプレー容器に移して使用します。
白い汚れが固いほど、濃度の高いクエン酸水のスプレーを使ってください。

さらにクエン酸スプレーは、除菌効果もあるのでキッチンの三角コーナーやまな板、テーブルや床、ゴミ箱などに吹きかけて清潔なキッチンをキープしましょう。

汚れやすい水回り

住居の掃除をする際に最も億劫だなと感じる場所のひとつは、水回りではないでしょうか。水回りは、ほうっておけばすぐにヌルヌルし始めて、やがてカビへと変化していきます。水回りの汚れはできるだけ早くきれいにすることが重要です。一番良いのは、その場所を使ったら毎回サッとお掃除をすることです。水回りがきれいにお掃除されていてピカピカしている住居は、やはり気持ちがよいものです。

住居における水回りには一般的に、キッチンシンク、バスルーム、洗面所、トイレなどがあります。水回りを清潔に保つことは、快適なだけでなく運気にも影響すると言われています。水回りの掃除は面倒くさい、というイメージが強いので、できるだけ手軽にそして確実にお掃除できる方法が必要になります。

最近、エコなお掃除が多くの人に支持されています。これは、クエン酸や重曹、セスキ炭酸ソーダなどを洗剤として用いたお掃除のことですが、人体に害が少ないので小さなお子さんや年配の方が住む家庭ではとても重宝されます。そしてもちろん、環境にもやさしいです。それだけでなく、汚れを確実にそして簡単に落としてくれる非常に優れた洗剤となります。水回りを賢く掃除したいのであれば、ぜひ活用したいものです。中でもクエン酸は水回りのお掃除に大活躍してくれます。これは、薬局やドラッグストアなどで安価で手に入ります。

次のページでは、クエン酸などをどのように水回りに利用すればよいのかをご紹介します。